学生ローンと普通のローン

ローンには色々なものがありますが、普通のローンの他に学生ローンというものがあります。
この2つについてはどのような違いがあるのでしょうか。

学生ローンと一般のローンについて、何が違うのかと言ったら限度額の違いという点があります。
普通のローンの場合だと、正社員として働いている段階で申請することが多いこともあり、限度額は10万円から50万円、場合によっては100万円以上借りることも出来ますが、学生ローンではどう頑張ってみても50万円くらいまでしか借りることが出来ません。
これは、収入の差がそのまま出ていると言えます。

また、両方のローンについては借りるための基準も異なってきます。
学生ローンの場合はアルバイト勤務であること、そして学生証があれば借りることが出来る場合がほとんどです。
金額は少ないですが、とにかく借りられるというのは大きな点です。
一般的なローンであれば、個人の情報をとにかく詳しく調べて総合的に貸すことができるかということの判断を行います。

この2つのローンに関して大事なところは、当然借りたら返すことです。
返済できなければ他のところで借りることが出来なくなる場合もありますし、利息がついて返済額が大きくなってしまう可能性もあるのです。

どちらのローンを利用するにしても、計画性を持つことは大切です。
そして、出来ればですが、借りないようにするために、お金に関しては出来る限り計画的な生活を送ることが大切となるでしょう。



*管理人推奨外部リンク*
学費目的や収入証明を提出することで金利が低くなる学生ローンです … 学生ローン 金利

Copyright © 2014 学生ローン、普通のローンと何が違う? All Rights Reserved.